総量規制対象外の銀行カードローン

ここのところ、カードローンを利用する人が増えているそうです。

万が一まとまったお金が必要になったり、予定外の出費に対応しなければならない時などに

とても助かると思うのです。

カードローンを利用するためには申込みが必要ですが、手続きはインターネットから

24時間受け付けているそうです。

スマホやパソコンを使って手続きができるので来店の必要がないということになりますね。

このカードローンは金融会社が取り扱っているカードローン、そして銀行が取り扱っている

銀行カードローンというものがあります。

金融会社のカードローンは総量規制が理由で専業主婦は利用することがかなり厳しいと

言われています。

ところが総量規制対象外となっている銀行カードローンであれば利用することが出来るんですよ。

申込み後の審査ですが、ご主人の収入などが対象になります。

ですから利用するという考えを持ったときにはまず、ご主人に相談をすることが

大切ではないでしょうか。

もちろん、利用する前にはどのような内容になっているのかということを確認することが

大切になります。

そして返済に関する計画もきちんと立てておくべきですね。

そうすることでカードローンを便利に利用できると思うのです。

福岡で任意売却するとしたらどこだろう

10年以上前、父が病気をしました。
1年くらいで、仕事にも復帰する予定だったんですけどね。
だけど視力がどうしても回復しなかったので、仕事をするのは無理、という判断になって。
それで仕事をやめてしまいました。
70歳くらいまで仕事をするの人が多い業界だったので、60歳でやめなきゃいけない父は悔しかったと思います。
それよりなにより母が大変だったと思いますね。
突然収入がなくなったわけで、そのときは住宅ローンも残っていたはずです。
後で聞くと、父が仕事ができなくなる、と決まったときに、貯金で残りのローンを全部返したそうです。
へたすると、福岡で任意売却してくれるところを探さないといけない事態だったのにね。
でも母のやりくりのおかげで家を手放さないで済みました。
うちも家を買ったことだし、もし旦那が仕事をできなくなったときの住宅ローンの支払いは確かに悩みます。
それだけの貯金をできていればいいんですけどね。
でも今のところ、貯金をする余裕もないしね。
もしものことがあれば、うちは家を手放す選択になってしまうかもしれないな。
そうならないように、健康でがんばろうっと。

多重債務者から脱出した伯父さんの話

お世話になってた伯父さんが大変そうだと聞いたのはおととしのことです。地元を離れてから疎遠になってたけど、やっぱり気になりますよね。実家に帰った時にちょっと顔を見せに行ったんです。

伯父さんは、昔よりずっと痩せてみえました。もともと細い方だったけど、やつれた感じというか・・生気がなかったんです。それで「伯父さん、どうしたの?」と聞くと「実は伯父さんな、多重債務者になっちゃったんだ」と答えが返ってきました。

奥さんに出ていかれて、つい寂しさからキャバクラに通ってしまったそうで・・。普通に勤めながら、深夜に交通整理のバイトをかけもちしていると教えてくれました。僕はなんか悲しくなっちゃって、うまいことも言えず帰ったんです。

けれども、やっぱり心配なので多重債務者について調べました。すると「債務整理」というキーワードが出てきたのでよく見てみると「これって伯父さんにも適用できるんじゃないか?」と思ったんですよね。「長いこと払い続けてる」「金利が高い所からも借りている」とか、任意整理に関係ありそうでした。そこで伯父さんに伝えてみると「でも、そんなの高いんだろう」と及び腰。そこで相談無料のフリーダイアルを教えると、喜んでくれましたね。

そして先週。僕のアパートに伯父さんが突然尋ねてきたんです。しかも高そうなお酒とハムを持って!「お前のおかげで借金地獄から抜け出せたよ。本当にありがとう!」と言って帰っていきました。

小さい頃に可愛がってくれたお礼が出来て良かった。お酒は少しずついただいています。すごく美味しいです!